いきものが沢山いる環境を再現しよう!その1


なるべく数年のうちにお山を購入して幼少期に楽しんだいきものが沢山居る環境を再現しようと考えてました。

この写真の場所はいきものが沢山いて最高だった場所です。こんな場所を再現したいのです。

ひょんな事から遊びに行った谷戸でメダカなどの保全されてる方と出会い、その方がため池を作りたいと申してたので、仲間とそこの谷戸にある休耕田を掘って水をひき入れて小さなため池を作りました。

掘る事にした休耕田です。完全に放置はされてはなかったようで保水力はまだ残ってました。
こんな感じで少し浅いですがため池が完成しました。

「よくやったな〜」とメダカの保全をされてる方も喜んでくださいました。調子に乗ってあそこも、ここも掘りたい、ってお願いしたら、わかった勝手にしろと許可が出たので、あちらこちら掘って水路も充実させました。

ため池の上にも小さなため池を掘りました。
こんな感じになりました。元々は棚田だったのでしょうね。再生させたいものです。
沢から水をひき入れてオーバーフローした水が下の池に流れる仕組みです。
整備してるとたまに居るヤマアカガエル
シュレーゲルアオガエルはわりとたくさんいます。
ヤマアカガエルのオタマジャクシが沢山泳いでます。

棚田の再生をすれば止水環境のいきものは増えますよね。また茂ってしまった笹を刈り払いして野草を増やすと草原のいきものも増える事になるのでそこも頑張ります。

こんな感じで笹藪になっちゃうと日当たりが悪くなり小さな野草は出てこなくなってしまうので刈り払うのです。

課題はたくさんですが、将来やりたかった夢の一部がここで叶っております!感謝!!ここでいきものが多い環境を作り、同時に多くの方々に役立つような仕組みを考えて一般化できれば、いきものが多い環境を各地に残せるのではないかと、考えております。