ビオトープを作りトンボを呼ぼう, 防災

ベランダでの経験と友人宅で貯水を見て、庭でやるなら雨水を非常時用に貯水しながら余った水をビオトープに使う事にします。

庭って言っても勝手口です。
ここに生物多様性の豊で非常時の飲料水にもなるビオトープ を作ります。
ちなみにですが、表の庭はユーカリの木や、常用樹が高密度に植ってる酷い状態です。
貯水用のタンクは市販のコンテナボックスを加工して使います。
雨水の注ぎ口を作ります。
プラの鉢を付ける事にしました。
非常時に水を出せる蛇口の穴を用意します。
コンテナの上の方にオーバーフロー用の穴を開けました。
この水位より上に貯まった雨水はビオトープ へ流れます。
左上がオバーフロー、右下が蛇口です。
設置するとこんな感じです。

ビオトープを作りトンボを呼ぼう, 防災

家にビオトープがあればトンボが増え蚊が減るって考えでしたが、友人宅では雨水タンクを設置し一度貯水しながらその水をいきものに使っていました‼︎

貯水する事は考えてなかったので衝撃を受けました‼︎

しかも、被災した際には飲み水としても使える‼︎

千葉の親戚の家が昨年台風で水道が2週間ほど止まって1日の水を運ぶのに苦労した話しを聞いてましたので、これは!って思いました。

雨水を使ってビオトープを作りトンボを呼びながら貯水もすれば、災害時の飲料水にもなります‼︎

いい事尽くめですね。

ビオトープを作りトンボを呼ぼう

ビオトープを作るにあたり、経験が無いので簡易的にベランダで作り経験を積む事にしました。

水源は屋根に降る雨です。

雨戸いからプラ船に雨水を持って来ます。

ビオトープを作りトンボを呼ぼう

以前SNSで登山で疲れて休憩するときはトンボの多い場所で休みましょうって投稿を読んだ事があります。

なぜなら、トンボは蚊やアブ、ブヨなどを捕食するのでトンボが多ければそれらの吸血昆虫を気にする事なく休憩が出来るとの事でした。

実際にトンボの多い環境で試した所本当に蚊に刺される事がなく、とても、とても快適でした。

その環境を庭で再現できないかと考えております。

 

 

彫金

ども、ども、ど〜も。

エゾフクロウの次はシマエナガを製作します。

丸くて可愛い雰囲気を再現しなくちゃいけませんね。

北海道でたくさん写真を撮ってきたので資料は沢山あります。

丸いですね〜

もう鳥に見えません

 

正面顔も可愛いです

 

作ってみました。ちょっと丸さが足りないですね。

正面顔も微妙です。

 

 

作り直しです〜だいぶ丸くなりました。

顔も良い感じになりました。

 

キャスト屋さんに送理ました。

仕上がりが楽しみです。

シマエナガは別のバージョンも作りたいのですよね〜

 

彫金

北海道で見たかった樹洞で寝てるエゾフクロウ!!

幸運な事に二ヶ所で観察する事が出来ました。

魔法の世界?にありそうな雰囲気の大木の樹洞で寝てるエゾフクロウ

 

 

もう少しスマートな大木で寝てるエゾフクロウ

運が良いとペアで寝てるのですが、どちらもおひとり様でした。

 

作りました!

自分の製法はロストワックスなので、ロウソクのロウみたいな材質を加工して整形します。

ブローチで作りやすいように木のデザインはイラストのように少し変更をしてます。

また、一羽だとかわいそう?なのでペアにしました(笑)

 

拡大するとこんな感じです。

いつかはペアで観察したいな〜とりあえずアクセサリーで先に楽しんでおく事にします。

ワックスで整形した物をキャスト屋さんに送ると真鍮になって戻ってきます。

それではまた。

景色

道東と呼ばれてる所は空が広い所が多くて夕焼けが素敵でした。

そんな夕焼けとエゾシカをセットで写真におさめる事ができて嬉しかったです。

 

こんなに素晴らしい夕焼けはなかなか見られないですね。

夕焼け好きの自分の記憶の中でも上位にランクイン!!

 

根室も草原が多くて素晴らしい所でした。

春になると草原が緑色に染まると思うのでそれも堪能したいと思いました。

北海道住みたい。

野鳥

ミヤマカケス

本州のカケスより目がクリクリで可愛いです。

鳴き声は同じでした。

ゲー、ゲー、ゲー、大河ドラマで悪だくみの密談をしてる時によく鳴いてる声です。

野鳥

コホオアカ

シラガホオジロを探してて見つけました。

北海道ではわりと居るんだと思ってましたが

珍しいみたいです。

昨年他の場所で探して見つからなかったのにあっさりと見つけちゃいました。

野鳥

コアカゲラ

見れたらいいな〜とは思ってはいましたが

本当に見れるとは思っていませんでした。

小さいアカゲラだな〜みたいな感じで眺めてましたが、おかしいだろって(笑)

コゲラサイズなんですよね〜